学校長ごあいさつ
捜真小学校 校長 
新藤 啓二
2016年度 学院聖句
 「愛は、すべてを完成させるきずなです」
         (コロサイの信徒への手紙 3章14節) 
2016年度教育目標
 「神を信頼し、最善の自己に忠実な子ども」


 捜真小学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 捜真小学校は、「キリスト教教育に基づき、真理の探究をなしつつ、人間形成の教育をする」ことを建学の精神として定めています。神様からお預かりしている子どもたちに対して、神の愛を伝え、感謝の心がもてるよう育てています。

 神様は、あなたが「何かが出来る(to do)、あるいは何かに優れている」から愛されるのではなく、「あなたの存在そのもの(to be)が尊く、大切である」と、聖書を通して言われています。つまり神様の愛は無条件の愛であることを児童へ伝えています。その愛に気づくとき、児童は自分自身を大切にし、他者をも大事にできる子どもとなっていきます。

 教職員は、毎朝神様に祈る時間をもってから、子どもたちの前に立ちます。 自分の心を整えてから、子どもたちと会うようにしています。児童一人ひとりを大切にしたきめ細やかな指導ができるよう努力しています。

 また、毎年、御殿場にある自然教室へ2泊3日で出かけています。神様の創られた自然の中で、縦割り(1-3年)(4-6年)の生活をしています。上級生が下級生のお世話をしながら、協力し助け合って3日間過ごします。児童は自然教室へ行くのが大好きです。

 児童会の名前は「地の塩会」と呼んでいます。学級、奉仕、図書、保健、飼育、放送の6委員会があり、4年生以上の児童が自主的に活動しています。人の役に立てることを自分の喜びとする子どもたちです。

 また、チャイルド・スポンサーシップといって、キリスト教のワールド・ビジョン・ジャパンという団体を通して、世界で支援の必要な子どもたちへ献金を送り、生活を援助しています。現在、各学年一人ずつ6名の子どもたちを支援しています。幼いときから、自分だけの幸せを考える人ではなく、困っている人に対して、自分の出来ることを見つけられる人間へと成長することを私どもは願っています。

 卒業生がよく学校に戻ってくるのも捜真小学校の特徴の一つと言えます。卒業生にとって、小学校が心の故郷なのです。同窓会の集いだけでなく、クリスマス礼拝やスポーツに親しむ会へもたくさんの卒業生が来校してくれています。

 捜真小学校の教育を神様が祝福してくださり、これからも導いてくださいますよう心からお祈りしています。


教育方針

 捜真の土台を築き、発展・充実させて下さったカンヴァース第2代校長は、生徒に対して2本の柱を建てました。 「神様を信頼しなさい。」「最善の自己に忠実であれ。」 そして、「捜真に駄目な生徒は一人もいません。」とはっきり言いました。

 教師に対しては、次の3点を常に繰り返されました。

「神様に絶対服従しなさい。」
「お互いのあやまちをかばって助け合いなさい。」
「失望することがあっても絶望してはいけない。神を信頼して常に、希望をもちなさい。」  

 本校は、その教育の目標として次の7項を設定しています。

1.神を畏れ、常に真理の前に正しく在ることを願う人間の育成に努める。
2.自主的に物事を考え行動し、自己の責任と義務とに忠実な人間の育成にあたる。
3.利己的な人間よりも、社会人として相互に敬愛し、協力し合う人間の育成を目指す。
4.偏重した才能よりも、全体的に知性のある健康で情操豊かな人間の育成を期す。
5.どんな人間にも必ず優れた面のあることに細心の注意を払い、個性の伸長を図る。
6.けなす前に褒める。褒めることは何事にも勝る前進の力であることを覚える。
7.教師は神の召命を覚えつつ、神と人に仕えることを志す。

 これらの目標実現のために以下の2つを教育の特色としています。

☆一日の始まりに静まって神を知るために、毎朝の礼拝から 学校生活をスタートさせます。
 また、日曜日の教会礼拝への参加を奨励するために、土・日曜日を休日とする「週5日制」を
 実施しています。


☆子どもの個性の発見とそれを生かす教育をきめ細かく進めるために、1学級30名、1学年2学級の
 少人数編成としています。


施設紹介

校舎
チャペル
教室
図書室
理科室
プール
グラウンド
捜真スカイブルー
テニスコート
バレーコート
ベタニヤガーデン
ビオトープ
自然教室

▲このページの上へ

制服・ランドセル



▲このページの上へ

スクールバス お弁当給食

スクールバス
下校時には、東横反町駅、反町、青木橋、横浜駅西口へ
スクールバスを運行しています。
スマイルランチ(お弁当給食)
毎週木曜日は、スマイルランチ(お弁当給食)の日です。


安全への取り組み

<警備員・防犯カメラ・ネームカード>

 児童の登下校時は正門に警備員が駐在しており、校門には防犯カメラを設置しています。 また、保護者の皆様にはネームカードの提示をお願いしております。


<緊急連絡等の一斉配信>

 学校から保護者の方々の携帯電話・スマートフォン・パソコンのメールアドレスへ、連絡内容を一斉に配信できるシステムを導入しています。関東地方で地震が発生した場合、関西地方より西側にあるサーバーから配信されることにより、安定した通信が可能となっています。災害によりメールや電話がつながらない場合、本校専用サイトに状況を書き込むことにより、保護者、学校間での連絡を取り合うことができるシステムを導入しています。
 また、お子様の登下校時刻をメールにてお知らせするシステムを導入しております。専用のICカードを昇降口の端末に児童がタッチすることで、保護者の方へ登下校時刻がメールにて自動配信されることになっています。


<緊急地震速報の受信>

 本校の位置情報(緯度経度、地盤増幅率)の設定により的確な情報を受信し、震度4以上の地震を予知した場合、緊急地震速報が全校へ一斉放送されます。


<日本スポーツ振興センターへの加入>

 学校管理下における児童の怪我や病気に備え、独立行政法人日本スポーツ振興センターに、全児童が加入いたします。


<本校の放射線量について>

 グラウンド、砂場、ベタニヤガーデン、複合遊具周辺、教材園、バレーコート、プール前等の放射線量を定期的に測定したところ、文部科学省や横浜市が定める基準、更には他の自治体が独自に定めた基準全てにおいて、測定数値が充分に下回っていることをご報告いたします。今後も、校舎内も含め、測定を続けてまいります。

▲このページの上へ