Trust in God

 捜真に伝わる、小さなバースデーノート。このノートには、こんなお話があります。
 持ち主は、反町にある青木小学校を卒業して、大正時代に寄宿舎で暮らしていた捜真生でした。ある年、尊敬する大好きな校長先生のお誕生日、生徒は問いかけました。「先生、ノートの今日のところに何か書いていただけますか?」
 先生は Trust in God. Be true to yourself. と書き、少し考えてから your と self の間に best を加えました。「神を信頼せよ。最善の自己に忠実であれ」という意味です。
 こうして生まれた、たった1行30文字の英文。この文はその後たくさんの人に読まれ、受け継がれ、心を動かしてきました。
 この生徒は、その後捜真で英語を教えるようになり、卒業生としてはじめて校長に就任、また初代学院長として、生涯を捜真にささげることになります。もしかしたらこの英文が、生徒の一生を導いたのかもしれません。
 このバースデーノートは、今も学校にあり、大切な2つの言葉を捜真生に伝えています。