ごあいさつ

愛の心の教育―優しく、たくましく―
                              学院長 中島 昭子

 捜真学院は、「自己の能力を最善に伸ばし、自分を愛するように隣人を愛し、感謝をもって奉仕できる人格を育成する」というキリスト教に基づく教育方針にしたがって、1886(明治19)年の創立以来、聖書を土台とする「愛の心の教育」を続けてまいりました。

教育は児童・生徒の将来、社会の未来を見据えて行われるものであります。特に、今21世紀の教育に求められているのは「優しく、たくましい人」の育成であると考えています。それは「社会の中で、世界の中で、だれに対してもキリストの教えられた愛の行いができる優しい人、社会が変化しても、どのような環境におかれても、世界のどこに行っても、聖書の言葉を胸に、神様の導きを信じてひるまず前に進むことができるたくましい人」という意味です。

 そのために捜真学院では、神様からお預かりした児童・生徒一人ひとりが充実した人生を送るのに必要な知識、学力、そして「愛の心」を育むよう指導しております。礼拝や修養会はもとより、各教科の学習、クラブ活動、ボランティア活動、行事、研修などを通して、児童・生徒が知識を深め視野を広げ、生きる目的と学ぶ意味をしっかりと考えることのできる学校でありたいと願っています。また、将来さまざまな場所で、優しくたくましい善き働き人となるよう祈りつつ、心を込めて日々の教育にあたっております。

 最後になりましたが、東日本大震災あるいは他の自然災害で被災され、今なお苦難の中にいらっしゃる方々の上に、神様の特別な御慰めと御守りがありますよう、お祈りいたします。