「おはよう。まるまる坂。私たちの学校は神奈川中丸丘の上。今日もガンバル!」(中学生)

「すごくたのしい。ぼくは、だからそうしんが大すきだ」(小学生)

「ここでは時間がゆっくり流れているように思うのです」(高校生)

「人を愛する人に育ってほしいと願っていました。娘も息子もそのようになりました」(卒業生保護者)

「毎日温かいことばをシャワーのように浴びてきた。この捜真が私の原点です」(卒業生)


「この学校は我が子へのギフトです」(在校生保護者)

「イエス様という木にしっかりとつながって、やがて豊かな実を結んでください」(小学校教員)

「毎年巣立っていく生徒たちがわたしたちの宝物です」(女学校教員)
  



捜真学院は、2016年に創立130周年を迎える横浜のキリスト教学校です。
横浜山手の聖書印刷所で学校が始まったとき、生徒はわずか7名でした。現在、男女共学の小学校、中高一貫の女学校に、児童・生徒1440名が豊かな学びの時間を過ごしています。

捜真の伝統と教育理念、学校施設と教育内容の一端をご紹介いたします。
捜真へのご理解を深めていただければ幸いです。